人気の宅建の勉強は通信講座で|不動産業界では有効的な資格

子どもと関わる仕事

保育士は、とても責任のある仕事です。一人一人の子どもの成長を見守り、その子どもの成長に合わせた関わりが必要になります。大学でその基本となる知識や見守る力を身につけることが、保育士への第1歩となります。

保育園

将来的な活躍を求めて

保育士を目指したい場合は、資格取得が前提となります。そのためには、国が指定する学校を卒業すれば同時に資格が取得できます。これ以外では国家試験を受験しなければならず、その受験資格も必要なため、できれば早い段階から進学先を決めておくのがおすすめです。

背広の人

目指すなら1級

長期的なキャリアアップのためには職務に関連した資格を中心に取得していくことが効果的です。年齢が上がるほどマネジメント能力が求められます。級の設定されている資格であれば、難易度の高い1級を目指すとよいのです。

人気の資格に挑戦する

女性

不動産業以外でも大歓迎

宅建は数ある国家資格の中でも、最も人気が高い資格と言われています。宅建は不動産取引を行う際、その高い専門知識を駆使して顧客に物件の説明などを行う職種です。中でも重要事項に関する説明は、法律の規定によって専権事項となっています。不動産取引業者にあっては、事務所ごとに一定数の宅建資格保有者を設置する義務があります。また、金融業界などにおいても不動産に関する専門知識は非常に重宝します。こうしたことから、宅建は就職に強い資格として非常に人気があるのです。宅建の資格取得に向けて勉強する方法はたくさんあります。独習者向けの参考書なども数多く出版されています。ただ、効率的な学習を行うなら専門学校や各種のスクールで受験対策講座を受講するのが得策です。実績のあるスクールであれば過去の出題傾向等に関する情報の蓄積があるので、重点的に勉強すべき範囲などを的確に教えてくれます。ただ、キャリアアップのために働きながら資格取得を目指す人などにとっては、通学のための時間を作るのはなかなか大変です。そんな時は、通信講座を利用すると便利です。通信講座であれば、空き時間を有効に活用して学習が進められるので、時間の融通が利きます。それでいて、テキストのレベルは通信講座と通学講座とで違いはないので、十分な専門知識を身につけることができます。また最近はDVDやウェブ動画などを使って実際の講義を受けているかのような体制で学ぶことのできる通信講座もあり、人気を呼んでいます。